ぷよぴたっ!

Y!天気情報

日本史クイズ

No Hay Banda - Intro & PJ_Harvey - Down By The Water.AVI





A Woman a Man Walked By
前作では初めてピアノで作曲したと言う通り非常に内向的で神秘的な楽曲が多かった彼女だが、
今作ではガラッと趣を変えて今まで通りの轟音ギターあり、ウクレレあり、バンジョーあり、オルガンありで、
まさにごった煮ワールド・ミュージックという感じ。
盟友ジョン・パリッシュが全楽曲で共作という形をとっている影響も大きい。
それと前作あたりから感じられた事だが、ビョークとの共演で刺激されたのかヴォーカルスタイルも若干変わりつつある。
初期からのファンからすると物足りなさもあるかも知れないが、
僕はこういう彼女も好きだし進化(変化)を恐れないスタイルは彼女らしくもあると思う。

 

リッド・オブ・ミー
ジャケットそのままの音がする。アルビニ録音による漆黒の音空間。野獣のように攻撃的なギター・プレイとヴォーカル・ワーク。一貫して"性"について歌っているが、本人は「フェミニズムなんて大問題には興味がない」と言う。本当に知的な女性だと思う。ミュージシャンの立場から、ただありのままの生の感情を吐き出していく。ジャケットについて、#10"man-size"にdouse hair with gasoline, set it light and set it freeなんて歌詞があるけれど、ここからこうなったのか。

 

Please Leave Quietly [DVD] [Import]
輸入盤を発売と同時に購入してしまった、少し待てば国内盤を買えたのに一刻も早く観たくて待てなかった・・・内容だが曲のセレクトに不満あり、50FT Qeenie、Me-JaneせめてRid of Meは入れて欲しかった。ツアー中のライブテイクが主に収められているが映像に斬新さは無く至って普通。個人的にはもっとヒネた映像が欲しいところ。興味深いのがインタビュー、PJが爆笑してたりする。ところがいかんせん英語なのでさっぱり理解できない、非常に字幕が欲しいところだ。仕方ねぇNOVAにでも通うか、国内盤を買えってか!

 

Pj Harvey Siren Rising
今や世界のロックの女王となったPJ Harvey。
日本人の運動神経ではどこかついていけなくて、たぶん日本でもこれからもプロモートされることはないだろう彼女。
インディーでのデビューから「The letter」リリース前ぐらいまでの彼女のアーティスト活動をクロニクル化。

Stories of the city, stories of the sea以降で一気に馴染みやすく(形がつかみやすくなった)後に定着したファンなどは、この人の闇の時代(決して人気がなかったとか社会的に問題があったわけではなく、アーティストとしての苦悩の時代)について知る手がかりにはなるかもしれない。中の写真も悪くない感じ。
ロックファン用に書かれたようなので、英語がものすごく難しいとかもないでしょう。

 

Pj_Harvey 動画


人気動画


衛星 月周回衛星"かぐや"打ち上げ(H-2A 13号機)
夢ペンギン物語 FC/NES Dream Penguin Adventure CLEAR2/2 夢ペンギン物語 1周目クリア2/2
サクラ大戦V さらば愛しき人よ [OP]サクラ大戦Ⅴ~さらば愛しき人よ~『地上の戦士』
吉井怜 ブログで離島応援計画
タイムクライシス プロジェクトタイタン タイムクライシス!!プロジェクトタイタン!!
花右京メイド隊 花右京メイド隊 op
ジービー namco gee bee ナムコ ジービー
ファイアーウーマン纏組 PC-FX Fire Woman MATOI GUMI opening
陽だまりの樹 陽だまりの樹 第25話 「夜明け」(最終話)_02
ベトナム料理 08年02月29日 ベトナム料理 コムニュウ・サイゴンのパフォーマンス!! VVTVベトナム株!!

Pj_Harvey 情報